アカペラグループ『The ordinary singers』の blog

オルタナティブロック!?なアカペラやってます。

スポンサーサイト

Posted by TOS on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイス

Posted by TOS on   5 comments   0 trackback

Comittedのデビューシングルがショーンストックマン似の人のソロ曲みたくなってて、盛大に吹いたAKKIです。
でも正直言えば、10年以上前のコーラスグループ全盛期の時にVo.なんて3人いれば十分だってBoyz to Menで結論出ちゃってた訳でね。歌えるけど踊れない6人組より歌が上手くて踊れる1人に、バックダンサーとコーラスをライブでつける方が余程エンターテインメントとして成立するのは明白だからね…

さて、某◯◯時代は4日間でカウンタ1200万PVをたたき出す中(!?)、我らがPerfumeもPVフル配信!!

Perfume「スパイス」

曲質がずっと微妙だし活動もまともになかったので、危うくツアーのFC先行もシングルとアルバムの予約も忘れそうになるくらいだったのですが、今回のシングルはいきなりクオリティがGame期並みに!!
PVも可愛らしいイメージから大人の痛みを感じさせるモノに!(エレワーの時に世界が崩壊くらい歌ってたのは忘れてw)
シングル入手が久しぶりに待ち通しい1曲!

一応、ComittedのBreak Freeも。

PVはこっち。

アカペラ版もあった。

アカぺラ至上主義じゃない人間からみると、アカペラ版じゃない方が音楽的に成立してるのが皮肉。

ちなみに昔コーラスグループブームだった時、周りで1番流行ってたのは、

この曲。
アカぺラ版にしてもすぐ歌えそうなものなのに、日本で歌う人がいないのはグループがマイナーだからなのかなあ。Re-unionもポシャったみたいで、1度本物を見たかった。それにしてもこれは名曲です。


おしまい。

スポンサーサイト

Comment

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.10.29 17:13 | | # [edit]
AKKI@TOS says...""
まず、ComittedやNotaのSingoff後、微妙な件ですが、米国在住じゃないので状況はわかりませんが、アメリカのゴスペル/ミュージカル業界にはあれくらい歌える人は沢山いるでしょう。もし彼らがソングライティングが出来ない場合、有能なトラックメイカーが付けば生き残る可能性はあるかもしれませんが、メンバーが多過ぎ(ベースとパーカスは楽器入れるなら必要がない)だし、コーラスグループのフォーマット自体が15年前にやり尽くされて古臭いだけに今後は難しいと考えるのが妥当かと。。。

次の技術とセンスの件ですが、まず音楽は理論とセンスの両方が大事なのは自明として、人種間の比較ですが僕にとってはステレオタイプ過ぎて同意しかねます。
仕事柄、欧米、アジア及び日本の人間と触れ合う機会がありますが、日本人が特別学習能力が高いと感じた事は残念ながらありません。日本人の特徴として「出る杭は打たれる社会だなあ」と民族性を感じたのみです。知識が無くても上手に歌える日本人も、技術レベルだけ無駄に高いロシア人もいると思うのです。

日本のアカペラが世界に認められる云々の件ですが、確かにSing Offのステージング、歌詞の意味を考えた動きや演出は勉強すべき所がたくさんあります。ただ、僕はそこまでSing Off万歳でなくて、むしろアレンジと演出のマンネリ化で4th seasonは無いのでは?と感じてます。画面を見ないで聴くとそこまで音楽として強くないですしね(普段聴いてる音楽と比べてですが)。
「世界で認められる」って言われている対象がはっきりしないので難しいのですが、スタンダード/カバーを歌う観点で見たら、海外のコンクール等で技術もセンスも評価もされている日本人はすでに存在してますよね。一方、オリジナル曲前提のポップミュージックの世界では、世界どころか国内でも何の存在感も無いでしょう。j結局のところ、スタンスによって変わってくる話かと思います。
2011.11.01 12:57 | URL | #SFo5/nok [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.11.01 14:17 | | # [edit]
sing+? says...""
あともう一つだけすみません、v-208

TOSさんの楽曲をあらためてゆっくり聴かせてもらいました!
最初に聴いた時は、失礼ながらアレンジいいじゃんぐらいしか思わなかったのですが、
特にラビリンスのLIVE VERが良かったです。それこそ人間味が個人的に一番感じる曲でした!
リードの人はメリハリをわざと少なくしているのでしょうか?
この曲に個人的に合っていると感じました。
後ろが凄い安定して聞きやすかったです。追いかけられている様な感じがするのも
良かったです!
海外のファンも居るみたいですし、応援してます!!
2011.11.01 16:10 | URL | #- [edit]
AKKI@TOS says...""
何度もコメントありがとうございます。
音楽って、好き嫌いを気楽に簡単に考えて良いものだと思うのです。

僕がこのコメ欄やBlogで「声は気持ちが出るけれど、楽器だって同様かそれ以上に気持ちがこもる」って主張したとして、たぶんコメ主さんの価値観は変わらないし、そもそも僕もコメ主さんも別に変わる必要無い筈です。

極端に書けば「誰かにとって最高の宝物」が「誰かにとっては最悪のゴミ」の典型が音楽なので。
だから自分は色んな音楽を聴いて感性を好きに磨いていってるつもりです。

アカペラを熱心に聴く人はほぼプレイヤーか経験者だから、すぐ「お前は出来るのかこの下手糞」的な議論になりがちですが、本来リスナーはamazonのレビュー欄みたく好き勝手言って良いんだと思います。ただ相手の宝物をけなす事はリスクが伴いますので、主張の仕方は考えるべきですよね。

勿論、大多数が好きな音楽ってあって、それはやっぱり魅力的で、アカペラの輪がこんなに広がっているのはその共通の魅力に惹かれているのだとも思いますよ。せっかく共通の世界にいるのであれば、互いの感性を尊重しつつ発展していければ幸せかと。

ラビリンス感想ありがとうございます。
これは4分の4に5,6,7拍子を混ぜた変拍子の曲なので色々不思議な感じに聴こえると思いますよー!

色んな参考になるコメントありがとうございました!
それではまた、よろしくお願いします!
2011.11.01 21:09 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://theordinarysingers.blog111.fc2.com/tb.php/334-4231aecd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。